Croquette Badai(台風コロッケ)

PR


今回はインドネシア語の作文練習として、台風が来る度にネットでネタになる「台風コロッケ」について書いてみました。日本語訳も後半に書いています。

関連:作文練習に関する過去記事
関連:【謎文化】もはや常識!?「台風コロッケ」の由来と現状【暴風警報】


Croquette Badai

Pekan lalu, badai nomor 21 adalah badai besar datang ke Jepang sehingga seluruh tanah air Jepang dibasahi. Dalam berita Mainichi, tanggal 20 October, PT Aeon retail yang merupakan perusahaan supermarket disebutkan bahwa kuantitas penjualan croquette akan menjadi banyak bersamaan dengan kemajuan badai itu. Croquette adalah gorengan seperti pergedel kentang.


Selanjutnya, waktu badai nomor 18 datang ke Jepang, croquette terjual habis di banyak toko. Tetapi, mengapa  croquette berhubungan dengan badai? Pasti itu tidak ada dasar ilmiah. Sebetulnya, hal itu berasal dari salah satu tulisan di forum Internet waktu badai datang tahun 2001. Arti tulisannya begitu"(Badai besarnya datang.) Saya sudah membeli 16 buah croquette dan sudah makan 3 buahnya."Hanya sebuah kata yang ditulis anonimitas membuat tren begitu sekarang!!


Kebudayaan dibuat sedikit demi sedikit. Kenakalan yang dilakukan oleh seseorang bisa menjadi akal sehat di masa depan. Bagaimanapun mungkin, kebudayaan kita sekarang berasal dari kenakalan yang dilakukan oleh seseorang  seperti halnya "Croquette Badai".


日本語訳:台風コロッケ
※関係:作文練習に関する過去記事

この前の週末は超大型で強力な台風21号が発生し、日本中を水浸しにした。毎日新聞によると、10月20日、イオンリテール株式会社が台風の進路に合わせてコロッケの販売量を増やすと発表した。コロッケとは揚げ物の一種である。

実際に、先月の台風18号のときには、コロッケが売り切れた店舗が続出したらしい。しかし、なぜ、日本ではコロッケと台風が関係あるのだろうか?これには科学的根拠はないはずだ。実はこれは2001年の台風の時のインターネット掲示板のある書き込みに由来する。「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べてしまいました。」というある人の書き込みがきっかけとなり、台風の時にコロッケを買うのが徐々にブームになってきた。

文化というものは少しずつ作られゆくものである。ある人のおふざけが、将来の常識になっているかもしれない。ひょっとすると、今の私たちの文化は「台風コロッケ」のように昔の誰かのおふざけの積み重ねの結果なのかもしれない。

関連:【謎文化】もはや常識!?「台風コロッケ」の由来と現状【暴風警報】


<トップページに戻る>

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...