インドネシア・スマトラ島パダンのミナンカバウ人の伝統的な住居「ルマ・ガダン」

PR


 インドネシア・スマトラ島パダンのミナンカバウ人の伝統的な住居「ルマ・ガダン」を見学する機会があったので、その時の写真をちょっとだけ紹介します。



 今回ルマ・ガダンを見学してきた村では温泉が出るそうで、実際に水を触ってみたら、ぬるま湯どころではなく熱湯で驚きました。村人は、水浴びやトイレの水として使っているようです。


 ルマガダンに到着。



 ルマガダンの中はこんな感じです。壁の文様は火除けのおまじないの意味もあるそうです。



ルマガダンの外にある穀物倉庫。許可を得て、内部に入ってみました。


 内部は2メートルから3メートルほどの深さがあり、内部に降りるには別にはしごを使います。

 穀物倉庫のはしご
 穀物倉庫の内部

 ルマガダン全景。伝統的なルマガダンの屋根は茅葺きですが、手間とコストの関係からトタン屋根に近代化改修されました。

 屋根の文様
 ルマガダンのある風景
 別の地区のルマガダン

 なんとなく気になった階段。※ルマガダンとは関係はないです


朽ち果てて廃墟となった無人のルマガダン、現在、インドネシアでは、ライフスタイルの変化や、貧困によって、維持できなくなり、捨て置かれるルマガダンが増えています。ミナンカバウ人のルマガダンに限らず、他の民族の伝統的住居でも同様の現象が見られます。

村の門。



<トップページに戻る>

母系社会のジェンダー―インドネシア ロハナ・クドゥスとその時代
前田 俊子
ドメス出版
売り上げランキング: 1,391,735

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...