インドネシアで買ってきた伝統的なパダンのお菓子の写真

PR


 インドネシアのパダンで伝統的なお菓子を置いているChristine Hakim というお店で買ってきたお菓子を紹介します。


 LEMPOK DURIAN いわゆるドリアンケーキです。味は、ドリアンをさらに濃縮した感じで、普通の生のドリアンよりも歯にくっつくので、極めて長時間ドリアンの風味を楽しめます(T_T)
今思うと、一本入りので十分だったような気がします。(失敗した失敗した失敗した失敗した・・・)


 名称不明。ちょっと堅くてカリカリした塩とスパイスが効いたお菓子です。お酒のおつまみに合いそうです。


 ONDE ONDE サクサクした甘いクッキーのようなお菓子で、日本人好みの味です。紅茶にも緑茶にもコーヒーにも合います。


STICK Ubi Jala Ungu いわゆる紫色スティックです。芋けんぴのように堅く歯ごたえがあります。味は甘く、しっかり紫芋の風味がします。これもなかなか美味しかったのでおすすめです。


KRIPIK BALADO HIJAU 青唐辛子チップスです。全体的に油でベトベトして、一つのかたまりになっています。味は、ピーマンの様な青臭さの後、じわじわと青唐辛子の辛さが来ます。青臭さは食後もしばらく口に残り、なんだか変な感じです。あまりおすすめはしません。


STICK Buah Naga ドラゴンフルーツスティックですが、特にドラゴンフルーツの味はせず、うすしお味のスティックでした。(わぁいうすしお!)


Serondeng Kentang Teri Kacang Balado いわゆるピーナッツ入りカラムーチョです。しかし、味はカラムーチョほど旨味やスパイスが強くなく、塩味がメインで、多少スパイスの風味を感じるといった程度です。甘いお菓子の後のアクセントや、お酒のおつめみとしておすすめです。



<トップページに戻る>



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...