Seni Kontemporer di Indonesia (インドネシアの現代アート)

PR


今回はインドネシア・ジャカルタの現代アート事情についてインドネシア語で書いてみました。日本語訳は後半にあります。

関連Program Makanan Sekolah di Jepang (日本の学校給食プログラム)
関連作文練習に関する過去記事


Seni Kontemporer di Indonesia


 Seni budaya tradisional Indonesia seperti Wayang, Batik dan Kecak terkenal di seluruh dunia sekarang, sementara oleh karena modernisasi dan globalisasi, seni kontemporer Indonesia juga menjadi populer baru-baru ini. Banyak tren seni kontemporer di Asia Tenggara didasarkan pada tema sejarah dan etnis, dan Indonesia dikatakan memiliki banyak karya dengan tema kemerdekaan nasional dan keragaman etnis. Misalnya, Biennale (pameran seni kontemporer besar) dilakukan di Jakarta dan Yogyakarta belakangan ini.


 Juga, museum seni modern dan galeri seni atau tempat seni semakin banyak di Jakarta. Misalnya, ada sekitar 10 galeri seni besar dan 5 museum seni. Selanjutnya, Museum Seni Modern dan Kontemporer Nusantara (Museum of Modern and Contemporary Art in Nusantara / MACAN ) baru dibangun tahun 2017 di Kebon Jeruk, Jakarta Barat.


 Museum Seni Modern Nusantara memiliki koleksi sekitar 800 item, termasuk karya-karya seniman kontemporer Indonesia, dari karya-karya era kolonial Belanda. Selain karya-karya seniman Indonesia, ada beberapa karya yang dipamerkan oleh seniman kontemporer luar negeri seperti Yayoi Kusama dan
Takashi Murakami juga dipamerkan.


 Selain museum, ada suatu mal yang menarik di Jakarta sebagai museum seni. Mal disebut Ciputra World Jakarta 1 adalah pusat perbelanjaan umum, tetapi bangunan itu sendiri juga seperti museum, termasuk seminar seni yang memungkinkan anak-anak dewasa, pameran lukisan solo, pameran seni besar, dan lain-lain. Kita juga bisa pergi ke sana seperti jalan-jalan di museum.


 Kita juga bisa melihat kerajinan seni kontemporer oleh artis orang Indonesia di Jepang. Banyak karya seni kontemporer dipamerkan oleh seniman Indonesia di Fukuoka Asian Art Museum di kota Fukuoka. Selain itu, kadang-kadang pameran karya-karya orang Indonesia dilakukan di Jepang. Salah satunya, hingga 19 Agustus tahun 2018, pameran khusus Ay Tjoe Christine, salah satu seniman kontemporer Indonesia yang paling menonjol, dilakukan di Museum Seni Abad 21 Kanazawa di kota Kanazawa, prefektur Ishikawa. Sekitar 50 karya dipamerkan di sana.


<日本語訳:インドネシアの現代アート>

インドネシアではワヤンやバティックやケチャといった伝統的な文化芸術が世界的に有名であるが、一方で、インドネシア現代アートも近年盛んになってきている。例えば、ジャカルタとジョグジャカルタでビエンナーレ(芸術展覧会)が開催されている。また、東南アジアの現代アートの傾向は、歴史や民族性をテーマにしたものが多く、インドネシアも、国家の独立や民族の多様性をテーマにした作品が多いといわれている。

ジャカルタには近代的な美術館やアートギャラリーが増えている。例えば、大きなアートギャラリーが約10個あり、美術館は5つある。そして、2017年には西ジャカルタのケボン・ジュルクにヌサンタラ近現代美術館が登場した。

ヌサンタラ近現代美術館はオランダ植民地時代の作品から現代インドネシアのアーティストの作品を含め約800点が所蔵されている。展示作品の中には、草間彌生や村上隆といった日本の現代アート作家の作品もいくつか展示されている。

そして、珍しいことにジャカルタには美術館のようなモールも存在する。Ciputra Wourld Jakarta 1というモールは、一般的なショッピングモールであるが、建物自体が美術館のようなつくりになっており、中には子供から大人まで通えるアートセミナーや絵画の個展、大きなアート展示会などが入っている美術的要素が豊富な複合モールである。

私たちはインドネシア人現代アート作家の作品を日本でも見ることができる。ちなみに、日本では、インドネシア人アーティストの現代アート作品は福岡の福岡アジア美術館で多く展示されている。また、今年(2018年)の8月19日までは、石川県金沢市の金沢21世紀美術館で、インドネシアでもっとも著名な現代アーティストの1人とされるアイ・チョー・クリスティンの特別展が開催されている。そこではドライポイントやドローイングから、本展のために制作された新作の大型絵画まで、約50点の作品が展示されている。


<まとめ>
インドネシアといえば、ワヤンやバティックやケチャといった伝統芸術、あるいはバリ島のイメージで止まりがちですが、現代アートの方も発展しつつあるので、これからのインドネシアの文化を知る上で重要なキーポイントの一つとなりそうです。
関連作文練習に関する過去記事


<トップページに戻る>

めくるめく現代アート イラストで楽しむ世界の作家とキーワード
筧菜奈子
フィルムアート社 (2016-02-18)
売り上げランキング: 67,186

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...